忍者ブログ

吉本興業に疑問をもつ管理人のブログ

吉本興業のTOBによる上場廃止に疑問を持つ株主の独り言。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はじめました。

日経新聞の記事を見て
10月26日
本日付の日本経済新聞朝刊の16面に「公正なMBO対価問う」との記事がありました。
レックス、サンスターの例をとり対価に不満な株主の勝訴も例をあげています。
それによれば「MBO直前の業績修整など不透明な手続きは許さないと、改めて厳しい姿勢を示した」との池永朝昭弁護士のコメントを載せている。
それに対し株主の主張を退けた例としてサイバードホールディングスの例を取り上げており、その理由として、
     同社社長が買収ファンドに対して買付価格の引き上げを求めるなど、「厳しい態度」を示した。
     同社と買収ファンドから独立した第三者評価機関に株式価値の算定を依頼した。
     社外取締役を含め双方から独立した者で構成される第3者委員会が、買収ファンドと協議・交渉したうえで、取締役会にMBOについての意見提出書を委託した。
株主と経営陣の利益相反を抑制する措置も取られていたとの評価された例をあげています。
つまり、経営者は株主の利益を図り出来る限り高く売る、株主に入る対価を多くしようとの努力が認められたとのことですね。
 
  では措置、この場合手続ですがさえ取られれば公正なのか?
この問いに関してはシャルレの例をあげてその問題点をあげています。
見かけは手続きが適切でも「経営者自ら交渉に加わったり、MBOに反対する実質的な権限が第三者委員会になかったりすれば、骨抜きになるリスクを排除できない」との清原建弁護士のコメントをあげております。
 
 さて今回の吉本興業の場合はどうなのか?
まずこれは
     MBOではなく第三者による友好的買収である。
     第三者評価機関の買収者と吉本興業が算定を依頼している。
     第三者委員会を設置している。
     決議する取締役会には新吉本興業?に残る取締役3名(今回の被告ですが)は出席していない。
と見事に手続きを踏んでおります。

さて①についてですが、今回の吉本興業においては第三者による買収の形を持たせた実質的MBOと考えております。
理由としてホームページの提訴の主旨、訴状にも書いておりますが

1)現経営陣が高額の報酬を約束されて残ること。

2)出資者が各放送局、ソフトバンク、京楽産業など吉本興業と共同で事業を
している会社であり、クオンタム・エンターテイメントが出資者を集めたのではなく、
吉本興業が声をかけて回ったと考える方が自然であること。
これらから見るに吉本興業側がこの話に積極的であると考える方が自然です。

②についての第三者機関による算定ですが
 
対象  算定機関  市場市価法 類似会社比準法  DCF法  DCF法(注)
会社側 アビーム  932~1292    974~1171         1218~1441   1331~1515
買付者 GCA     983~1291    924~1218         1289~1604
(注)はアビームが公開買付者計画に基づき試算したもの
 
のように買う方の買収機関の方が売る方より高く算定している。
公正な算定結果と言えばそれまでですが、普通はそれぞれ圧力もあり買付側の方が安く買いたたこう。売りつけ側は高く売りつけようとするのが普通ではないでしょうか?
ところが何故か深い議論の後もなく、1,350円とあっさり決まっています。
つまりまず買収ありきで値段はさほど問題ではない。とみるべきか。
これについては後述。
結局、利益相反の問題に対する措置が不十分であるといえないでしょうか?

     についてですが第三者機関の会合は6回となっています。
述べ何時間の会議かわかりませんが、それだけで十分論議されたのかは不明です。
(第三者委員会報告書が提出した報告書が
に掲載されていますが、ここにも今回のケースが利益相反の可能性を持つことを考慮して検討された旨を述べております。我々はファンダンゴから始まる資金の流れも不審に思っており、この上場廃止は決算を隠し、追求から逃れるため。いやもしかしたら監査法人あたりが意見を出し始めて上場維持が難しくなったのでは?と考えていますが、第三者委員会はその辺の事情まで知っておられるのかどうかは不明です。
 第三者委員会はどうしても短期間で
1)買収決定時点前後の限られた期間における経済的合理性、事情
2)その他外形的手続きの公平性。
を論拠に適正・不適性との判断をせざるを得ませんが、どういう場合に「不適正」って意見がでるんでしょうね?

(1)「株主からの圧力から逃れて長期的な視野に立った経営」
それを言ったらあるゆる上場企業に当てはまる気もしますが。
また外部のファンドからの方が圧力が大きいような気もします。
ましてや今回は266億円のキャッシュが無くなるわけですから長期的視野に立った場合、どちらが合理的なのか疑問が残ります。

(2)「上場維持にかかるコストが多大」
しかしそのコストまでも踏まえて株主は納得して保有しているわけで、オーナー企業ならいざ知らず、そのコストも飲んでいる株主が了承した役員がそれを理由に株主を放りだすことはなにか論理的におかしい気もします。
また手続きの正当を論拠に正当であると重ねるのは外形的基準さえ整えばなんでもありということにつながります。(まあ世の中そんなことは多いですが)
そう意味で「不適性」でなければ「適正」であるということで中間はありません。
「だめだとは言わないけど、非上場化を是非やるべきだとも思えない」
こんな意見はまず出ないでしょうね。

     についてですが、直接利害関係のない役員で決議されたとの事。
ところで、このスキームの推進役の役員が社内で厳然たる権力を握っていると思われます。
関係者からいただいたメールが正しいならば恐怖政治とも言える統治がなされている可能性もある。その中で反対を唱えられるものでしょうか?つまり誰も逆らえなくなっている可能性も感じます。
しかも取締役会決議を行う取締役3人、監査役2人は常勤が各1名だったと思いますが、このような取締役会で決まったから適正といえるのでしょうか?
 
以上の点から今回のTOBに関しては疑問だらけと考えます。
なぜそこまでして株主を放り出す必要があるのか?
「はい、そうですか」とはやはり言えないですね。
 
通常のMBOなら役員が株式をもつのですが、今回は役員は株式を引き受けません。
だからMBOではないと言われても、「要するにリスクをとりませんが、経営はやります。報酬はそれぞれ1億円(上限)ですよ」という役員にとっては非常においしい話となります。
買収にかかる融資の連帯保証人にそれぞれなりますが、
買収資金506億円のうち
放送局等出資が190億円。
メザニン出資が50億円のため
実質融資は266億円程度になります。
ところが会社の手持ち現金が124億円
保有有価証券が80億円
未収還付法人税が50億円。
これだけでほとんど返せます。みごとに計算があうので、これが1,350円の根拠か?とも思えますが。
さらにTOB後、第三者割り当て増資80億円を予定していますので運転資金も大丈夫。
連帯保証人になっても、うまくいけば役員になんのリスクもないように計画されているように考えられます。
出来すぎですね。


ご協力ありがとうございます。
10月25日
私も参加したいとのご連絡ありがとうございます。
充分な対応が出来ず申し訳ありません。
株主総会で知り合った方々や会社の上司などの理解、協力を得て提訴いたしましたが、
「会則」や「会計規則」などまだ不備だらけです。
これほど賛同する方がいらっしゃるとは想定外でした。
至急どのような運動にするか検討します。少々お待ちください。
ただどのような形であれ非常に心強いです。
なお「株主オンブズマンですか?」との質問がありましたが、
私は株主オンブズマンのメンバーではありません。
今日は言い訳ばかりですが、ちゃんと伝えておかないと
どこで揚げ足とられるかわかりませんので。



お手紙ください。
10月23日
ホームページのほうに弁護士先生の名簿をアップしておきました。
実は昨夜、吉本興業の取引先を名乗る方からメールをいただきました。
いわく、
「吉本興業の社員も何がおこってるかわかってないんじゃないか。
何かおかしいと思ってはいるがそれを口にだせる雰囲気ではない様子。
上が恐くてピリピリしているみたい。
でも8割くらいは非上場化に反対してるんじゃないの?」
との事です。
上が恐いのはどの世界でも同じですが、その方の感想では社員は常に監視されてるように感じてビクビクしてるみたいだとの事でした。
かくいうその方も「恐いからメールを読んだら削除して欲しい」と書いておられましたが。
取引停止になったら困るってことですかね。
文章だけはコピぺして残してますが受信ボックスからは削除しておきましたので
後をたどられることはないと思います。
 
出来れば吉本興業の社員の方の生の声が聞きたいものです。
連絡をくれれば嬉しいのですが、良く考えたら社員の方にとっては私が何者かもわからない。
信用してよいものかどうか?ひょっとしてダミーかも知れないし。
 
というわけでホームページに弁護士の先生方をアップしてみました。
なかにはブログ等を書いている方もいらっしゃいますが、
あえて住所以外の連絡先を書いておりません
ご自分で検索して納得されてからメールされてはどうでしょうか?
というわけでホームページのほうに弁護士先生の名簿をアップしておきました。
ご確認ください。
 


10月19日
吉本のTOBに関しての訴状を大阪地裁に提出。
とりあえずホッとする。
ただし今からが始まりである。

弁護を引き受けてくれた弁護士は7名。
特に坂口、松丸両先生はNPO法人株主オンブズマンの
前事務局長と現事務局長である。
(今回の件は株主オンブズマンとは関係ありません)

ツテをたどってたどり着いた先生方であるが、紹介してくれた人物によると
決して買収に転ぶような弁護士ではなく、企業にとっては非常にやっかいな
先生方とのこと。
何度かの打ち合わせで吉本興業の経緯について説明。
株主代表訴訟等で株主の立場にたち、いくつもの案件をこなしてきた先生方に
引き受けていただいたことは
「我われに義あり」
と認めていただいたようで、なによりそれがうれしいのであります。

10月21日
株主名簿の閲覧を依頼していたがなかなかすすまない。
閲覧請求書をファックスしたところ
「弁護士と相談してこの理由では見せられない」
とはねつけられる。
「株主提案のために他の株主に呼びかける目的」
これでだめならいったいどんな理由ならOKなのか聞きたいくらいである。
対応してくれている現場の社員の方は間に入って大変であろう。
「出張の予定ですがもし来られるのなら取り止めます。」
こちらが却って申し訳ないと思うくらい丁重ではある。
まぁ腫れ物のさわる感じになるのは仕方ないが。
こちらもサラリーマンゆえ気持ちはよくわかる。

10月22日
とりあえずホームページをたちあげる。
初心者なので悪戦苦闘である。
プライベートなことゆえ、会社の若い子に頼むわけにもいかず
知恵熱が出そうである。

ところで今回の上場廃止に関し吉本社員はどのように感じてるんだろうか?
不安には思わないのだろうか?
上場企業の社員と非上場では社会的信用がまず違うだろうし
なによりモテ方が違うのでは。
私は今回のTOBに関しまったく経済的合理性はないと考えているが
会社内ではどのような説明がなされ、またみな納得しているのであろうか?
できればもっと社員の生の声を聞いてみたいものである。

そういえば以前週刊誌に吉本東京本社ビルから盗聴電波が出ているとの記事を
読んだ覚えがある。
もし事実なら社員の一挙一投足が監視されていたりして・・・
それならばどこぞかの国のように人権を無視した恐怖政治ではないか。
まさか、まさかそんなとは思うが
株主総会の後、私の自宅に吉本弁護士から配達証明が来たことを考えると
探偵かなにかを使って調べ上げたのかとも勘ぐってしまう。
まさか総会後に尾行がついていたとか・・・
車に発信器がついているとか・・・
自宅電話に盗聴器がついているとか・・・
どうも後ろが気になってしかたない。
社員もこんな毎日を過ごしているのだろうか・・・

いくらなんでもそこまではしないことを願う。
どうやら神経が高ぶっているようである。
なにしろ襲撃、脅迫文等なぜか通常では考えられないことで週刊誌を騒がす会社に
マークされてるわけだから。

社員のみなさま、心中お察し申し上げます。
今回の訴訟によって吉本興業が少しでも風通しによい会社になればと
がんばってみます。
PR

コメント

無題

盗聴波が出ていたと偶然見つけた専門業者がいましたね
2ちゃんねるでその記事を見ました
【2009/11/27 23:03】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[11/27 NONAME]
[11/02 管理人]
[11/01 山田]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
吉本ファン
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析